記帳代行とは何?料金相場やアウトソーシングのメリット・デメリットも!

記帳代行サービスとは?業務内容は?

記帳とは売上などの金額と仕入、その他必要経費に関する事項を記録として残すこと。
記帳代行とは、領収書や通帳の内容を伝票に起こしたり、帳簿に記帳する業務を外注化し、会計システムへ代行入力してもらうことです。

領収書やレシートの紙の束を郵送するだけで、必要事項をかわりに入力してもらうことができます。

記帳代行サービスの3つのメリット

記帳代行のメリットは大きくわけて下記の3つです。

メリット① 人件費・採用コストの削減

スキルや経験をもった経理担当者を採用することはなかなか大変です。
また、採用のコストもかかります。

記帳代行だけでも外部の経理のプロにまかせることで、経理担当者を雇用する必要がなくなり、採用コストが削減できます。
また、突然経理が辞めてしまった!ということもなくなり、業務がスムーズに回るようになります

メリット② 入力の時間が削減できる・本業に集中できる

個人事業主やフリーランス、中小企業では記帳代行を経営者がやっている、もしくは秘書がやっている
ことも多いのではないでしょうか?

記帳代行は本業とは関係のない、お金を産まない業務です。
ただ、記帳の保存は義務化されていますので必要な業務です。

記帳の入力に時間をかけるより、専門家に記帳代行を依頼することで本業に集中する時間をつくることができます。

メリット③ 経理担当者の負担が軽減!

社内に経理担当者がいる場合でも、記帳代行サービスのメリットはあります。
記帳のような単純作業を外部にアウトソーシングすることで、経理担当者が本来の業務に集中できます。

また、期限やルールが厳密化することで、業務の見直しにも繋がります。

記帳代行サービスの3つのデメリット

一見便利な記帳代行サービスですが、デメリットももちろんあります。
例えば、社内にノウハウがたまらない、コストが意外と高くなる、入力ミスのリスクなどがあげられます。

デメリット① 仕訳数によってはコストが増える

記帳代行の多くは仕訳数による従量課金制のため、仕訳数が多い業界ではむしろコストが高くなる可能性があります。

特に卸売業は取引先が多く売掛金、買掛金が多くなり、費用が高くなりがちです。

デメリット② 経理社員が育たない

記帳代行作業を外部にまかせていると、社内の人間が誰も対応できないため、会社の規模が大きくなった場合に対応することが困難になります。
あくまでも経理担当者がいることが前提で、単純作業のみアウトソーシングすることがいいでしょう

デメリット③ 入力ミスのリスクがある

記帳代行サービスの中には、入力ミスのリスクがあります。もし間違いに気づかず申告してしまった場合は虚偽申告となり、申告者の責任となります。

記帳代行サービスはアルバイトや派遣社員が作業していることもあり、低価格であることもあり、
粗悪なアウトプットになることもしばしばあるようです。

記帳代行の入力ミスの原因と対策について下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください

記帳代行にミスは致命的!よくある原因と解決策を紹介します

2019.04.06

記帳代行の料金相場は?仕訳数に応じた課金体系!

記帳代行のサービスは依頼する内容によって大きく料金が代わります。
また、基本的には仕訳数による従量課金体系となっています。

50仕訳程度の場合、1980円ほどで依頼できます。
下記が主な価格の目安です。

  • 50仕訳 1980円
  • 100仕訳 5980円
  • 200仕訳 13000円

また、記帳代行を依頼する際はオプション料金に注意しましょう。

納品のスピードや勘定科目の入力の是非、部門別の整理や月次減価償却などによって追加料金が発生することがあります。
契約前に確認するようにしましょう

記帳代行と経理代行の違いは?

よくある疑問が記帳代行とその他の経理代行や経理アウトソーシングサービスの違いは何か?ということです。

経理代行・アウトソーシングサービスは経理業務を全体的にアウトソーシングするため、
記帳代行だけではなく、経費精算や給与計算などの業務も外注します。

そのため、アウトソーシングするサービス内容が違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です