ペイロール給与計算の評判・口コミを徹底解剖!メリット・デメリットも!

給与計算の業務が面倒でアウトソーシングをしたい!
ペイロール給与計算の導入を考えているが、実際の使い心地や評判を知りたい。

そんな方は多いのではないでしょうか?

ペイロール給与計算は現在245社・93万人もの従業員の給与計算を処理する業界No1のサービスです。
DeNAや東急ハンズ等の大手上場企業で導入実績があり、人事業務の効率化が高く評価されています。

本記事では、ペイロール給与計算の導入を考えている方に向けて、サービスの特徴や評判を解説しております。
ぜひご参考ください

ペイロール給与計算とは?サービス内容は?

ペイロール給与計算は、毎月発生する給与計算業務をアウトソーシングできるフルスコープ型のアウトソーシング・給与計算代行サービスです。

また、給与記事だけではなく、人事情報管理や勤怠管理といった人事関係の業務も対応をすることができるため、
給与記事の代行・アウトソーシングとして業界No1の地位にあります。

フルスコープ型の特徴として、業務をまるごと委託できることが挙げられます。具体的には、従業員からの問い合わせ対応から給与計算、仕訳データの作成までを行ってくれるため、現状の業務をそのまま依頼することができます。

◆具体的に依頼できる業務は下記です。

ペイロール給与計算を導入する2つのメリット

ペイロール給与計算を導入すべき2つの理由を紹介いたします。

メリット① 業界No.1の導入実績がある

ペイロール給与計算の導入企業は年々増えており、現在245社・93万人(2019年3月末現在)もの従業員の給与計算業務を処理してします。
これは給与計算.jpによるとペイロール給与計算は業界No1の導入実績になります。

下記の導入企業一覧でわかるように、従業員数1000名規模の会社から10万人以上まで多くの大企業で導入実績があります。
コンプライアンスの厳しい大手上場企業でも導入されており、信頼できるサービスと言えるでしょう

◆主な導入企業一覧

メリット② 業務効率化&コスト削減を実現

毎月発生する給与計算業務はノンコア業務と言われ、単純な作業も多いことがあります。
これらの業務に時間をさくよりも、人事企画や戦略といったコア業務に時間を割く方が理想的です。

クラウド型のシステムを導入し、このような業務を効率化することもなかなか難しく、
オペレーションを変更しなければいけなかったり運用の手間もかかります。

ペイロール給与計算の場合は、従業員の問い合わせから運用フローの構築、給与の仕訳データ作成まで業務のはじめから終わりまで
を委託することができます。

これにより、煩雑な給与計算業務を丸投げし、業務効率化を実現することができます。

ペイロール給与計算の評判・導入ユーザーの口コミを紹介

株式会社電通デジタルでは、従業員数が急増し、給与計算の業務の負担が大きくなっていました。

ペイロール給与計算を導入し、給与計算業務の効率化が実現できたそうです。

ペイロール給与計算が多様な働き方に対応できたこと、大手企業の実績が豊富だったことが導入の理由だったようです。

「ペイロールの仕組みは、 いろいろなパターンの手続きに対応していたため、多様な働き方をする社員の窓口業務に対応できることがポイントでした」(池ノ上氏)

「実のところ、給与計算業務という繊細な業務をグループ外へアウトソースすることは、比較的ハードルが高いものでした。その点では、ペイロールが大手企業の実績をたくさん持っていたことが信頼につながり、比較的早く導入を決断できたと思います」(若尾氏)

人材の急増に合わせて給与計算業務の再設計が必要に。グループのシェアードサービス会社で対応しきれずアウトソースを検討。

引用元:https://service.payroll.co.jp/interview/interview02.html

運営会社の株式会社ペイロールの評判は?

ペイロール給与計算を運営するのは東京・有明に本社をもつ「株式会社ペイロール」です。

従業員数は約800名で、北海道などにも支社を持ちます。

実際に株式会社ペイロールの評判をいくつか紹介いたします。

会社の評判としては、良い点として研修などが充実しており、女性社員も多く女性にも働きやすい環境であるとの声が多くありました。
その一方で、給料が低く30代でも年収400万円程度であることが悪い点として挙げられていることが多くありました。

引用元:https://en-hyouban.com/company/00001800028/kuchikomi/

株式会社ペイロールからマイナンバーを求める郵便が届いたら?

ペイロールは企業の給与計算を代行しているため、その従業員に対して郵便・電話でマイナンバーを求めることがあるようです。

結論から言えば、マイナンバーを教えることは義務ではないため、対応は各個人に任せられます。
マイナンバー提出は義務ではなく、またマイナンバーを提出することによりプライバシーも危険にさらされるため
特に提出する必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です