RankTrackerの2つのデメリット・評判は?購入前に必見!

RankTrackerという順位計測ツールの購入を考えていませんか?
確かに、GRCが使えないMacユーザーにとっては便利なソフトウェアですよね。

manablogを運営するマナブさんなどの凄腕アフィリエイターの方も愛用していますし、料金もそれほど高くないので、購入する方も多いんだと思います。
実際に、私もその形で購入した一人で、1年ほど使っていました

しかし、実際に使ってみてRankTrackerには下記のような落とし穴・デメリットがあることがわかりました。

・クラウド型ではなく、インストール型なので、アプリ立ち上がりスピードが遅い
・ドキュメントが全て英語。日本語のサポート文献も少ない

これらは購入前ではわからなかったことなので、購入前の方にはぜひ知っておいてほしいです。

RankTrackerの2つのデメリット

デメリット ①クラウド型ではないので、立ち上がりが遅い!毎回ストレス!

RankTrackerをつかっているユーザーとして、よく思うのが、立ち上がりが遅いということです。

クラウド型ではなく、PCへのインストール型のソフトウェアのため、
「キーワード順位をみたいと思ったとき」にソフトウェアを開いても、新バージョンをダウンロード中というメッセージが表示され、すぐにキーワード結果をみることができません。

ランクトラッカーを開くたびに、登録されたキーワードの順位を再計測しているため、最新版の情報にアップデートするまでに時間がかかります。
もちろん数秒〜数十秒なのですが、意外とこれがストレスになります。

◆RankTrackerの実際の画面

デメリット② マニュアルとかが全部英語で読みにくい

RankTrackerは海外発のサービスですので、マニュアルもすべて英語で作成されています。
そのため、このような操作はどうするんだろう?と考えたときに英語で書かれているとさっとわかりません。

日本では、まだまだポピュラーなサービスではないので、日本語で書かれた記事も少ないです。
(※日本ではSEO順位計測ツールではGRCというものが一番ポピュラーですが、Windowsでしか利用できません。)

実際に下記がRankTrackerの操作ガイドです。

◆RankTrackerの実際の操作ガイド

それでもRankTrackerを選ぶ。3つのメリット

しかし、当然RankTrackerのメリットもあります。下記の3つ紹介します。

①凄腕アフィリエイターが使っており、成果を出している
②GRCがMacユーザーは使えないから
③順位計測ツールは必ず必要だから

①凄腕アフィリエイターはみんなRankTrackerを使っている

例えば、毎月500万円以上の金額をアフィリエイトで稼ぐmanablogを運営されているマナブさんが使われています。

◆マナブさんのツイッタープロフィール

実際にマナブさんがRankTrackerをつかっており、SEOでかなり成果を出しているので、
あまりどのツールを使うかは関係なかったりします。

また動画やブログで使い方を説明されていたり、解説しているため、これらを参考にすれば初心者でもうまく使うこともできます。

②macユーザーであればGRCが使えない・手間がかかるから

macユーザーであればranktracker一択です。なぜなら、GRCが使えないからです。

GRCとは、日本で最も使われている順位計測ツールであり、価格・機能ともに最もよいサービスです。

厳密に言えば、macでもGRCを使う方法はあるのですが、下記のように多くのデメリットがあります。

・専用ソフトウェアで仮想化環境を取り除きという非常に面倒なことをしなければいけなくない
・ソフトウェアを複数同時に立ち上げなければGRCを開けない
・起動時間・読み込み時間が非常にかかる
・初期設定とか面倒で時間かかる

そのため、これに時間をかけるよりサクッとRankTrackerを購入してしまったほうがいいです。

③なによりもSEOアフィリエイトには順位計測は必須

なによりも順位計測はブログ・オウンドメディアの運営にとって必須ですね。
これがなければ執筆した記事がうまくいったか、いっていないかが見れないわけです。

◆実際の順位計測画面

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です