経理代行サービスとは何?経理アウトソーシングのメリットを解説!比較!

経理代行

経理がやめてしまった!経験豊富な経理を採用ができないし、コストもかかる
単純作業をやりたくない、従業員にやらせたくない

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

経理業務は売上、お金にかかわることもあってミスが許されない業務です。
一方で、記帳代行や経費精算など単純作業も多いのが現実で、能力の高い経理人材はなかなか採用できないということが現実です。

そんな企業には経理業務のアウトソーシング、経理代行がおすすめです。
というのも経理代行はスポットで頼める上、経理を新たに採用するよりコストが低いためです。

実際に多くの企業が利用し、コストのカットに成功しています。
経理代行で任せることができる業務は以下の5つです。

  1. 記帳代行
  2. 決算、申告代行
  3. 請求書発行業務
  4. 販売管理業務
  5. 給与計算業務

しかし、一方で、経理代行のデメリットもあります。
例えば、社内にノウハウがたまらず、社員のスキルアップが計れないということやコストが高くなってしまう場合がある
ということです

下記で詳しく解説していますのでぜひチェックしてみてください。

経理代行・アウトソーシングとは?サービス内容は5つだけ!

経理代行ではほぼ全ての経理業務をアウトソーシングすることができます。
アウトソーシングできる主な経理業務は以下の5つです。

1,記帳代行

領収書やレシート、請求書などの資料を郵送で送付し、それを伝票や仕訳帳に作成し、会計システムに入力するといういわゆる「記帳代行」業務を代行します。

ただでさえ忙しい経理の人が領収書や請求書を一つ一つ手入力することは合理的ではありません。このような単純作業こそアウトソーシングするべき業務です。

また、オプションとして部門別の記帳やファイリング、経営レポートなども行うことができるようです。

記帳代行サービスについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。料金相場やアウトソーシングのメリット・デメリットを解説しています。

記帳代行とは何?料金相場やアウトソーシングのメリット・デメリットも!

2019.04.20

2,決算・申告代行

年次決算とは、決算日時点での資産や負債を、そして、会社の一年間の損益を確定させる作業を代行してくれます。

決算は法人税や売上、利益に直結するため経営者にとってもっとも重要で、ミスが許されない業務になります。

そのため、経験豊富な経理担当を採用できないという場合にはアウトソーシングをすることで、ミスのない業務をしてもらうことが可能になります。

3,請求書発行業務

請求書発行業務も代行してくれます。件数が多くなると、郵送の準備や印刷だけでもかなり時間が取られます。

また、請求書発行後の売掛金と買掛金の計上も同時にアウトソーシングすることができます。

請求書の金額について会計仕訳を作成し仕訳日記帳や伝票に記載します。

4,販売管理業務

販売管理業務とは下記の3つから構成される業務です。こうした入金の確認や銀行振込、支払い作業を一括して代行してくれます。

1,サービス販売後の代金回収
2,料金の支払い
3,在庫管理

また、インターネットバンキングを活用して振込を代行してくるので、口座情報をいじることなく、振込業務だけを代行してくれることが可能です。
NDAをオプションで締結し、セキュリティを万全に期すことも可能です。

5,給与計算業務

給与計算では基本給と税金の計算だけではなく、就業規則に基づいて残業時間や保険料も考慮して計算する必要があります。

また、法律改正による残業代の計算方法や保険料の計算方法が変更された場合は、いち早く変更が必要な業務の一つです。

そのため、従業員数が多い場合や、就業ルールが複雑で給与計算に時間がかかっている企業ではアウトソーシングを検討することがおすすめです。

人を雇うよりオススメ!経理代行・アウトソーシングの3つのメリット

メリット① 経理担当者の人件費が削減できる、コスパがよい

例えば、派遣社員を時給1000円で雇った場合、

月15日間、5時間手伝ってもらった場合でも、年間で90万円かかります。

例えば、経理代行サービスを利用した場合、月額で1万円〜5万円のコストで済みます。そのため、年間でも12万円〜60万円程度で抑えられ、社員を新たに雇うよりもコストカットが実現できます。

また、記帳代行や会計システムへの入力作業は単純化されたルーティーン作業です。
経理担当者はこのような数字計算のような作業ではなく、財務データを分析し、経営の意思決定に役立つ提案をすることに集中しなければいけません。

単純作業をなくし、社内の経理担当にこのようなクリエイティブな業務に集中させるためにも、経理代行は必要な選択肢のひとつです。

メリット② スピードが早くなる

多くの中小企業では数十人程度の従業員に対して、経理が1人もしくはせいぜい2人というのが現実ではないでしょうか?
このような場合、経理担当は多くの業務に忙殺されています。

経理代行サービスではスポットで好きなタイミングで依頼でき、納期も指定することができるため、社内の経理担当よりも早いスピードで仕事を完了させることができます。

メリット③ 教育コストがかからない

もし経理業務を完全に社内で行っている場合は新入社員などが入ってきた場合に1から内容を教える必要があります。

また、もし担当者がやめた場合には仕事内容を引き継がなければいけませんし、マニュアルを作る必要があるかもしれません。

これらの手間を考えれば、スポットで依頼でき、しかも専門性が高いプロに頼むことができるので最小限の指示で高いアウトプットを得ることができます。

経理代行で気をつけるべき2つのデメリットとは?

デメリット① ノウハウが社内にたまらない

経理代行では社内にノウハウがたまらず、社員のスキルや知見が向上することはありません。

すでに経理担当が社内にいる場合には、経理担当のスキルアップということも考える必要があります。
そのためできる限り単純作業やルーティーンワークなど外注しても問題ないような業務を経理代行では依頼すべきです。

一方で、決算書作成や申告業務など一定の知識、スキルが必要な業務についてはできる限り社内でできる体制を構築すべきと言えます。

デメリット② コストが高くなる可能性がある。

経理代行会社に業務を依頼する際には、仕訳数や業務量に応じて価格が高額になる可能性があります。
その場合、新たに社員を採用したり、派遣を雇った場合のほうがコストが低くなる可能性があります。

とはいっても会社ごとにケースバイケースですからまずは経理代行会社に見積もりを依頼し、コストを試算してみることをおすすめします。

全30社の中から選んだ!おすすめの経理代行サービス4社!

実は経理代行・アウトソーシングサービスは30社もあることをご存知ですか?
日本全国にあり、サービス内容もバラバラなので、どれが最適なサービスかわかりませんよね?

下記記事では、30社すべてを紹介しているのですが、本記事では「評判の高い」4社だけを厳選して紹介します!

経理代行サービス30社を完全比較!経理のアウトソーシングはこれで決まり!

2019.03.03

1,メリービズ バーチャル経理アシスタント

メリービズ経理

メリービズのおすすめなポイントはクックパッド株式会社やベネフィット・ワンなど大手上場企業が採用されていることです。

また、経験年数が長く、専門性が高い700名もの経理のプロがサポートしてくれることが強みです。

経理のプロとしての専門性も高く、実務試験や面接、資格は必ず簿記2級以上、経験年数は3年以上は必須として、その上で実務試験や能力試験、面接などができます。

そのため、派遣の方や社員を新たに雇うよりも高クオリティな仕事を依頼できます。そして、スピード面についても400名ものスタッフが同時に作業をするため、1名の社員では実現できなスピードで仕事をこなすことができます。

詳細なサービス内容については下記記事をご覧ください。

メリービズの評判・特徴・独自の強みを徹底リサーチ!

2019.03.04

2,スマート経理(smart 経理)

smart経理

スマート経理(smart 経理)とは税理士法人M&Tが運営する経理代行サービスです。
必要な書類をスキャンするだけで利用でき、経理業務にかかるコストを大幅に下げられるサービスです。

下記の2つの特徴があります。
①記帳代行だけではなく、給与計算や決算書作成などあらゆる経理業務をサポート
②クラウドサービスを利用するから日本全国、遠隔地から利用可能

詳細な特徴やメリットは下記記事をご覧ください

スマート経理の評判・特徴・メリットを徹底解説【2019年版】

2019.04.20

3,恵比寿高田馬場 記帳代行サービス

記帳代行サービス

経理担当が急に辞職した!社員に経理業務を任せられない
という中小企業の経営者向けのサービスです。

経理代行サービスでは下記のような業務を代行してくれます。

  1. 記帳
  2. 給与計算
  3. 請求書発行
  4. 買掛金の管理
  5. 振込の代行

詳細については下記のHPからチェックしてみてください。

公式サイト:http://ideaconsulting.net/

4,Q-TAX 経理代行センター

qtax

Q-TAX経理代行センターは面倒な経理業務を月額29,800円という低価格で代行してくれるサービスです。

代行してくれる業務は下記の4つです。

  1. 請求書発行業務
  2. 販売管理業務
  3. 給与計算業務
  4. 記帳代行業務

例えば、記帳代行の場合、200仕訳まで24,000円が月額料金になります。

また、給与計算の場合、給与一覧表作成」「給与明細書作成」「源泉所得税納付書作成」「住民税納付書作成」「住民税異動届作成」等を代行し、
料金は1000円/人となります

詳細なサービス内容については下記記事をご覧ください。

Q-Tax 経理代行センターの評判・口コミとは?徹底解説!

2019.04.20

大阪・関西圏で人気の経理代行サービス6選!【徹底比較】

下記の記事では大阪に在住の皆様に向けて、オススメの経理代行・アウトソーシング会社6社の料金や特徴を徹底比較しました。
すべて大阪や関西圏で利用できるサービスとなっています。

大阪で人気の経理代行サービス6選を徹底比較!アウトソーシングに最適!

2019.04.20

福岡県で人気の経理代行サービス5選!【徹底比較】

下記の記事では福岡県で利用できる経理代行・アウトソーシング会社5社の料金や特徴を徹底比較しました。
ぜひご覧ください

福岡で人気の経理代行サービス5選を徹底比較!アウトソーシングに最適!

2019.04.20

freeeクラウド会計に特化した経理代行サービス10選!

freeeクラウド会計を利用している中小企業・個人事業主の方も多いのではないでしょうか?
ただ、freeeを利用していても仕訳や入力作業は面倒ですよね?

下記の記事ではそんなfreeクラウド会計をご利用のユーザーにおすすめの経理代行・記帳代行サービス会社の料金や特徴を徹底比較しました。
ぜひご活用ください

freeeクラウド会計に特化した経理・記帳代行サービス10選を比較!

2019.04.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です